賢人の保湿ケアTOP > 賢人の保湿はココが違う! > 肌チェックの回数が違う

なんとなくではなく、意識的に肌をチェックすること!

自分の肌状態を理解しているからこそ適切な保湿ができる!

意識的に肌をチェックする

今ある肌をより美しく輝かせようと思ったら、自分の肌の現在地を知ることはとても大切。自分の肌の癖や特徴、何をすれば喜んで、 どんなときにトラブルに見舞われやすいかということを知っているかいないかで、おのずと保湿のやり方や選ぶコスメも変わってきます。


自分の肌をよく知ることは、「どんな肌のお手入れをすればいいか?」をはっきりさせるために必要不可欠なことで、スキンケアの根幹にかかわること。 手を抜くわけにはいかないですし、「なんとなく」で済ませていいものではありません。


しかし、そんな重要な毎日の肌チェックにこそ、賢人と一般人の間には決定的な違いがあることがわかりました。

保湿の賢人はとにかく肌チェック、回数もチェック項目も段違い!

保湿ケアのPDCAサイクルを回す!

お仕事をしている人は、PDCAサイクルというものをご存じかと思います。


「Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって 継続的にプロセスを改善していく手法」 引用:PDCAサイクルとは - IT用語辞典 e-Words


これって実は毎日のスキンケアでも意識的にしろ無意識にしろ行っていることです。


「今の肌の状態を把握して、状態を改善するためにはどんなケア&コスメが必要かを考えて、実際にお肌のお手入れをしてみて、効果をチェックする。 結果に応じて、続行するか中止して別の方法を考える」


というプロセスはまさにPDCAサイクルそのものですよね。


ただ、賢人と一般人ではこのスキンケアにおけるPDCAサイクルの1つ1つの過程の真剣さとチェック、回数が大違いなんです。 具体的にいうと、一般の方が朝と夜のスキンケアのみ、肌チェックするのに対して、賢人は隙あらば肌チェックをします。


目で見て、手で触って、朝も夜も日中も抜かりがないのが賢人なんですね。


例えば、美魔女の水谷雅子さんは自宅のすべての部屋に鏡があって、いつでもどこでもすぐに肌チェックできるようにしているといってますよね。 まぁ一般人から見れば、自意識過剰のナルシストといったところですが、賢人にとってはそれが普通。基準がまったく違うってことなんです。


また、1つ1つの肌チェックについても賢人はなんとなくではなくきちんと意図をもって行います。ファンデの浮き具合で乾燥度をチェックしたり、 朝・昼・夜でどれだけ潤いが奪われたかや、肌の柔軟性、顔色の変化まできっちり確認します。


徹底することで、行うべきスキンケアの「Plan(計画)」が立てられるからでしょうね。

保湿の賢人は何より朝の肌チェックを重要視する!

目と手を使って1日何度も肌チェックするのが基本です。

周りから「あの人変!」といわれることを恐れないのが賢人ですが、一般の人はそうではないので、賢人のいいところだけ、真似できるところだけ 盗んで毎日のスキンケアに活かすというのがいいと思います。


具体的にどんな点をチェックするかということですが、


・洗顔前の肌の状態(潤い、毛穴の感じ)
・洗顔後の肌の柔らかさの変化、キメ
・全体の顔色
・目の周りの血色や小じわの様子
・疲労度
・メイクの崩れ具合


最初は目視で、それから手や指で、肌を押し上げるようにして弾力や肌表面のなめらかさをチェックします。項目としては多いですが、 時間としては5秒もかからないと思いますから、面倒ということはないはずです。


朝と夜のスキンケア時にはもちろん、日中もトイレに行った際は必ず鏡を見て肌状態をチェックするということを習慣づけるようにしてください。 それだけでも今やっている保湿ケアや使っている保湿化粧品が効果がでているかどうかわかるはずです。


違いを把握しておかないと、今やっていることがいいのか悪いのかわかりませんからね。

「賢人の保湿はココが違う!」の他の記事もあわせてチェック!

Page top icon