賢人の保湿ケアTOP > 賢人の保湿ケア【実践編】 > 朝は洗顔しない

潤いを奪う可能性がある「洗顔」を見直す!

朝の洗顔はぬるま湯だけ!

洗顔はぬるま湯で

肌に汚れが残っていることはよくありません。特にメイク汚れが残っていたり、余分な皮脂が残っていると、それが酸化して、 刺激物質になり、肌を傷める可能性がでてきます。


なので、洗顔は非常に大事なんですが、今は「洗いすぎ」ということのほうが問題になっているんですね。 肌の保湿のために必要なうるおい成分まで落としてしまっている人が多いというのがその理由です。


ということで、夜のスキンケアはメイクも落とさないといけないし、空気中の汚れ、日中に分泌された汗や皮脂を落とさないといけないので、 洗顔料を使った洗顔が不可欠ですが、朝はそこまで汚れてませんから、洗顔料は必要ないんですね。

朝の洗顔はぬるま湯でOK?それとも洗顔料を使うべき?

実は賢人の間でも意見は2つに割れています。

加齢によって肌の乾燥がすすむということもあるんですが、今の日本人女性の乾燥肌の多くは毎日のスキンケアが原因だといわれています。 その中で最も影響が大きいのが「洗顔&クレンジング」です。


その理由ですが、洗顔もクレンジングも落とすケアだからです。


メイク汚れや余分な皮脂を落とすことは大切なんですが、 使っているクレンジング剤や洗顔料の洗浄力が強すぎるとか、ゴシゴシ擦って洗っているとか、肌が赤くなるまで繰り返しすすいでいると、 肌に必要なうるおい成分まで洗い落としてしまうんですね。


洗顔やクレンジングは毎日のことだと思います。毎日肌に必要なうるおい成分まで洗い落としてしまっていては当然、肌は乾燥してきます。 こうして乾燥肌が出来上がるわけです。


これを防ぐにはどうしたらいいか?というと洗顔やクレンジングをしない、あるいは頻度を減らす、クレンジング剤や洗顔料を変えるといったことがあります。 そんな対策の1つが、「朝は洗顔料を使わずにぬるま湯洗顔にする」というものなんです。


基本的に朝の顔というのは汚れていません。寝ている間にもホコリは付着しますし、汗や皮脂は分泌されてはいますが、 お湯には脱脂力があるので、ぬるま湯で洗顔すればそれで汚れは落ちます。これが朝洗顔には洗顔料がいらないという根拠です。


洗顔料なしでもお湯で汚れ、皮脂は落とせるということです。


当たり前ですが化粧品メーカーはそんなことは口が裂けてもいいません。そんなことをいったら自分のところの洗顔料を使ってもらえなくなるからです。 お湯でお皿を洗ったときと水でお皿を洗ったときではどっちが手が乾燥するかを知っていればお湯で皮脂が落とせるということはわかるんですけどね。


朝の洗顔をぬるま湯で十分か、それとも洗顔料を使うべきか?というのは、実は保湿の賢人の間でも意見が分かれています。 年齢や肌質など個人差も多少関係してくるからだと思います。


とはいえ、必要以上にうるおいを落とさないことは肌を乾燥から守るための必須事項です。 なので、ぬるま湯で朝洗顔してみて、その結果を見て触って自分の肌にとってはどうか?を確認してみてください。 答えは肌が知っています。

25歳を過ぎたら皮脂を守るケアに切り替える!

30代で皮脂が減りはじめ、40代で激減する

10代の頃はというと、皮脂は肌トラブルのもとです。ニキビの原因になったり、毛穴を目立たせる原因になったり、 オイリーでべたつく肌を呪った人も多いでしょう。


皮脂の分泌量は皮脂腺の働きに左右れますが、男性ホルモンの感受性が高いと皮脂腺の働きは活発になります。 なので、女性に比べると男性は皮脂が多くテカっているわけです。


この皮脂ですが、男性は男性ホルモンの影響もあって60代までは「高め安定」といっていいぐらい分泌量を維持できるんですが、 女性はというと、20代をピークに30歳を過ぎたあたりから一気に皮脂の分泌量が減りはじめ、40代になるとピーク時の半分になります。


こうした加齢による皮脂の分泌量の減少というものを考えずに、10代20代のころと変わらない洗顔の方法や洗顔料を使っていれば、 肌に必要な皮脂が奪われてどんどん乾燥しやすくなっていくということはお分かりいただけると思います。


10代や20代の前半までの洗顔は、「余分な皮脂を取り除く」という目的で行うことがほとんどですが、 20代後半ぐらいからは余分な皮脂というのがなくなってくるので、「皮脂を落としすぎない」ことに考え方も洗顔方法も変えていかないといけません。


こうした洗顔の切り替えの時期についてもやっぱり普段から肌チェックをして、肌のコンディションを気にかけてないとわからないと思います。 「保湿ケアをルーティン化しない」というところでもお話したとおり、肌状態というのは常に変化し、変わっていくので、 そのときの肌状態にあったスキンケアをするということが大事です。


ついでにクレンジングにも触れておくと、洗顔以上にうるおいを奪う力が強いです。界面活性剤の作用でメイクの油汚れを浮かせて落とすのがクレンジングですが、 肌の潤いを保つ油溶性のセラミドや天然保湿因子なども洗い落としてしまうからです。


賢人のなかにはクレンジングこそ、肌の潤いを守るための最重要アイテムと考えている人も多く、 スキンケア化粧品のなかでも最も多くの種類を用意して、メイクや肌の状態にあわせて使い分けているといいます。


クレンジングから保湿ケアがはじまっているとはなかなか普通考えないですよね? でもそこをちゃんと考えて意識することで、うるおい肌を保つことにつながるわけです。

「賢人の保湿ケア【実践編】」の他の記事もあわせてチェック!

Page top icon