賢人の保湿ケアTOP > 賢人の【生活習慣編】 > 分子整合栄養学検査を受ける

肌に必要な栄養素を「分子整合栄養学検査」でチェック!

数値化して栄養バランスを把握する。

「分子整合栄養学」―。


聞き慣れない言葉だと思いますが、今、美容業界では話題急上昇のキーワードで、分子レベルで人体の仕組みや機能を解析して、 不足している栄養素を理解して、補給することで人間本来の機能を取り戻そうという考え方です。


女優の中谷美紀さんが分子整合栄養学に基づく栄養療法をやっているということで世間的には認知されてきたように思いますが、 まだまだ美容意識の高い一部の人が知っているぐらいで一般の方はご存じないと思います。


何か凄く特別な栄養療法なのかというとそんなことはなく、詳細な血液検査の結果を元に、足りている栄養素、不足している栄養素をはっきりさせて、 食事とサプリメントを利用して栄養素が過不足ないようにコントロールするという至って合理的な栄養療法になります。

根拠や指標のある栄養療法が「分子整合栄養学」

食事もなんとなくではなく意味や目的を持つことが大事!

肌を含め人体は普段食べているものでできています。そのためどんなものをどれぐらい食べるかということが、そのまま健康状態や肌の状態にあらわれるというのは、疑いようのない事実です。


ビタミンCが必要だとか、鉄分や亜鉛といったミネラルが大事だとか、糖質が多すぎると皮脂が増えてニキビができるとか、 そうした知識はあっても、はたして今の自分の肌や身体に栄養素の過不足はあるのかどうか?というのはわからないと思います。


栄養バランスに気を付けて野菜を多く食べるようにしているという人でも果たしてその食生活が本当に肌や身体のためになっているのか、 以前と比べて肌や身体に変化があったか?という実感は沸いてないはずです。


食生活を改善するといっても明確な基準や指標がなければ「なんとなく」に終始しがちです。結果として中途半端になる恐れもあります。 それを考えると、数値として栄養素の過不足を示してくれる分子整合栄養学検査は非常に参考になるはずです。


前述した中谷美紀さんの場合は、いろいろな健康法や美容法をやっていくなかでお肉を食べなかった時期があるそうなんですが、 どうにも身体の不調が抜けなくなってしまい、それで分子整合栄養学検査を受けたみたいなんですね。


で、検査結果をみると、タンパク質や鉄分、ビタミンが不足して、炭水化物を摂り過ぎていることがわかり、 それが身体が疲れやすくなっている原因だと判明したそうです。 そして、実際に分子整合栄養学に基づく食生活に改善したところ、3カ月で驚くほど肌の調子もよくなり体力もついて元気になったそうなんです。


厚生労働省などが定める一般的な栄養素の摂取量に合わせるのではなく、あくまで自分の血液検査の数値から 必要な栄養素、取りすぎている栄養素を把握して、それを改善していくので、やっぱり実感度が全然違うみたいです。


ちなみに肌にトラブルが多い場合は、タンパク質・ビタミンC・鉄分が不足している傾向があるとか。 そんな感じで何がどれぐらい必要か?が客観的な数値という基準でわかるので、食生活の改善もしやすいですし、 効果の有無も一目瞭然ということで、「分子整合栄養学」は、栄養バランスの重要性がわかっている賢人に注目されているわけです。

「分子整合栄養学検査」はどこで受ける?

保険が効きません。

「分子整合栄養学検査」を受けることで栄養素の過不足が数値化されて把握できるので食生活の改善もやりやすくなると思います。 で、問題はこの「分子整合栄養学検査」はどこで受けられるのか?ということ。


検索してください(爆)。全国にあります。


共通するのは、保険が効かないということです。検査だけでも1~2万円はしますし、結果を受けてサプリメントなどを処方してもらおうものなら さらにサプリ代で福沢諭吉が吹っ飛んでいきます。


なので、個人的に思うのは、検査した後にサプリメントを飲まないとダメだと言ってくるお医者さんはちょっと気を付けたほうがいいと思います。 医療用のサプリは品質が高いんだと言ってきたらもうアウトです。撤退しましょう。


それからこれはついでですが、もう何となく身体が重いとか調子が悪いとか健康上の不安がある場合は、「分子整合栄養学検査」と並行して、 遅発性フードアレルギーの検査も受けてみるといいと思います。


栄養の過不足で不調や肌トラブルが起こっているケースもありますが、アレルギーが原因というケースもあるんですね。遅発性という言葉からもわかるように アレルゲンとなる食物を食べてから数日して症状がでてくるということもあって、原因不明の体調不良として片づけられてしまうことも多いんです。


こちらは検査料が4~5万円するものなので、簡単に検査できるものではないですし、「分子整合栄養学」と同様に「遅発性フードアレルギー」は美容や健康意識の高い 賢人たちの間ではHOTな話題になっていることもあって、検査を受けるのに3ヶ月待ちとかになっているみたいです。


お肌の健康と美容のために食べるものから気を配りたいというのはまさに賢人の発想です。


というかスキンケアだけでは、肌は健康にもきれいにもなりません。インナーケアの重要性がわかってくるのは30代を過ぎてからだといわれていますが、 若いうちからはじめておいても全く問題ないですし、むしろそのほうがいいですよね。


追記:


石原さとみさんも「分子整合栄養学検査」「遅発性フードアレルギー検査」を受けて健康管理しているみたいですよ。

「賢人の【生活習慣編】」の他の記事もあわせてチェック!

Page top icon